• リエゾンユメーヌスタッフ

ロボット vs 人間

皆さんは、近頃ファミリーレストランを利用されましたか?

私は、先日久しぶりに利用してびっくり!!


非接触サービスに進化(?!)していました。





店舗の入り口で体温が測定され、手の消毒をするのは、

まぁ、今はどこの店舗でも行っていますね。


入店すると、レジにスタッフはいるものの

特に案内はなし。

勝手に好きな席を選んでいいのか?と迷い、

「いいですか?」とスタッフに尋ねると

「お好きな席へどうぞ」との返事をもらいました。


それで、キョロキョロしながら落ち着けそうな席を

選びました。



テーブルには、タブレットがあり

「いらっしゃいませ」の文字がお出迎え。


『ほぉ〜こんなことになっているのかぁ〜』と

興味津々でタブレットを使って注文。


【注文する】のボタンを押すと、

すぐさま私の注文は厨房に送られたもよう・・・


『スタッフと接することはないのかぁ〜』と

時代の変化を感じていると、

どこからともなく タン、タン、タン♪♪♪と

軽やかな音楽が・・・


猫の顔をした配膳ロボットが私の席の横でストップしました。


「お待たせしました。ご注文の品をお持ちしました!」

ロボットが喋るんです!


私が料理を受け取ると、

「ごゆっくりお楽しみください!」

と、また軽やかな音楽と共にロボットは去っていきました・・・





これはこれでとっても気楽。

食事をして、ゆっくり過ごさせてもらいました。



結局、スタッフと接したのは、

入店時に一言話した時と、

テーブルを片付けるスタッフの横を通り過ぎた時と、

最後の会計の時のみ。



こんな時代になったのかと、接遇講師としては

複雑な気分で帰りました。




『でも、やっぱり「いらっしゃいませ〜」は

人間の笑顔で迎えてもらいたかったなぁ・・・』

そんなことを感じた1日でした。



さて、皆さんはどう感じられるでしょう?






閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示