top of page
  • リエゾンユメーヌスタッフ

チャットコミュニケーションは工夫がいる

近頃、社内連絡はチャットやLINEなどによる「文字によるコミュニケーション」が増えたと感じる方も多いのではないでしょうか?


どうでしょう?文字によるコミュニケーションはスムーズにいっていますか?




「これは、どういう意味だろう?」


「えっ!そう伝えたかったんじゃないのに・・・」



そんな経験をした人も少なからずいらっしゃることでしょう。



私も、何度失敗してきていることか・・・



  説明が長すぎて理解してもらえない(T . T)


  受け取った指示の読み間違い、読み落とし*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


  上司の名前に敬称をつけ忘れ呼び捨て\(//∇//)\


  誤字脱字・・・などなど





♪言葉はまるで雪の結晶 〜〜〜〜〜〜

   形は崩れ落ちて溶けていって 消えてしまうけど〜〜〜〜〜♪♪♪




最近よく耳にするメロディですが、

チャットの文字は消えてなくならないのです。



♪伝えたい伝わらない その不条理が今 きつく縛り付けるんだよ〜〜〜〜♪♪♪



皆様もどこかで、「メラビアンの法則」というのをお聞きになったかもしれません。


人と人とのコミュニケーションにおいて、

視覚情報が55%

聴覚情報が38%

言語情報が7%


のウエイトで影響を与えるという心理学の法則です。


対面でのコミュニケーションでは、

相手を理解するのに視覚や聴覚の情報に大きく頼っているのに、

チャットでは言語情報に限られてくる。

コミュニケーションのトラブルが起きるのは当然ですね。



だから、工夫が必要。



結論から先に伝える

▶︎相手が何の話かイメージして読める。



長文は避ける

▶︎〜ので、〜して、〜しましたら・・・と長々とした文は理解しにくい。



絵文字やリアクションを使う

▶︎視覚情報を補える。気持ちが伝わりやすい😁 👍



「!」「〜」「ー」もうまく使って

▶︎『ありがとうございます!』『了解です!』など、前向きな気持ちが伝わりますね。



添付資料もうまく活用

▶︎相手が資料を探す手間が省ける。わかりやすい。



褒める、感謝、をしっかり伝える

▶︎「すごくわかりやすい資料ですね!」「助かりました!ありがとうございます!」

何度も読み返せるからこそチャットには、ポジティブな言葉を残したい。




みなさんはどんな工夫をしていますか?

ぜひ、教えてください  














明日から「師走」


何だか気が急きます〜               【 吉田 】


Comments


bottom of page