• リエゾンユメーヌスタッフ

「家電10年目の恐怖」を慰められ・・・

近頃、我が家の家電、設備が次々と故障しています(涙)


その始まりは、食洗機…ある日「ピィー」という音ともにSTOP。

電源を入れ直しても、食器を取り出し、部品を取り出し掃除し、

説明書片手に点検しても

うんともすんとも言わない…


「修理頼まないといけないのかぁ〜いくらかかるのぉ〜」

と愕然としている私に悪夢はさらに続く・・・


次は、トイレ…赤い光が点滅を繰り返します。

説明書には、修理の依頼を…と。


そしてさらに、流し台。水道の蛇口がグラグラ・・・

お客様相談室にTELすると、

「その型番の部品はもう製造していないので、場合によっては蛇口を交換することに

なるかもしれません」

との返答に打ちのめされ・・・


さらにさらに、クーラー2台。1台は冷房を押しても決して涼しい風は出てきません。

もう一台は、私が掃除の際に羽を折ってしまっています。


そうですね、我が家の家電たち。人間で言うところ2分の1成人式を迎えましたね。

これを、人は、「家電10年目の恐怖」と呼ぶのでしょう(涙涙涙)

私の頭の中を¥マークが飛び交います¥👼¥👼¥👼



ということで、我が家に次々と修理担当の方をお招きしました。


まず、来られたのはトイレの点検。

玄関を入る前にIDを示し、さらに名刺ともに

「私、L◯◯◯◯の□□と申します。」

丁寧な自己紹介がありました。

そして

「失礼します。」

と、おもむろにバッグから消毒液を取り出し、目の前で手指の消毒をされました。


(ほぉ〜今は、こうしてお客様に安心してもらうのかぁ〜工夫ですね〜なるほど〜)

と新たな発見!確かに安心できます。



その午後には、流し修理屋さんが登場。

玄関に入ると


(修理屋さん)「これ、素敵ですね〜」

         と、我が家の玄関に置いている腰掛けを見て褒めてくださいました。


(私)    「宮大工をしていた叔父が作ってくれたんです。」

(修理屋さん)「宮大工!すごいですね〜』


初めてその椅子の存在に気づいて褒めてくれた!と、私のその方に対する

親近感は急上昇です。



その数日後には、クーラーの取り付け工事。

(・・・買いました(涙涙涙)新しいクーラーを、しかも2台・・・痛い¥¥¥)


取り付け工事の方は、テキパキと仕事をこなし、予定時間よりずいぶん早く

取り付け工事を終えて、

「このクーラーはいいですよ。すぐに全体が冷えると思いますよ」

と、汗だくになりながら爽やかな笑顔でプラス一言。

快適な夏の光景を思い浮かべながら、やっぱり買ってよかったと満足しました。



いろいろな方のいろいろな気遣いに、「10年目の恐怖」を迎えた私の心が救われました。

ありがとうございました。


・・・食洗機・・・

故障から2日後に、なぜか突然独りでに「ゴォー」と動き出しました!

そうね、あなたの故障はなかったことにしましょう・・・と心に固く誓いました。


                              【吉田】

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示